忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は現在宇都宮大学生等を引率するルワンダへのフィールド・ワークを企画しており、2012年2月15-25日に行われる予定です。
私自身ルワンダ(難民)と関わり始めたのは1994年で、今でも研究や啓蒙を通じて長く付き合っており、
愛着を感じている国の一つです。
映画「ホテル・ルワンダ」でも有名になりましたように、ルワンダでは1994年に虐殺が起こり、
約80万人が亡くなりました。
映画はそこで終わるのですが、実はその続きがありまして、ルワンダ虐殺はその後隣国コンゴに飛び火し、コンゴでは現在まで約600万人が亡くなっています。
ルワンダは虐殺後、経済が急速に発展し「アフリカの優等生」と呼ばれていますが、
実際にルワンダもコンゴも未だに政治的に不安定です。

ルワンダで開発や平和構築の在り方など考えてみませんか。「百聞は一見に如かず」通り、実際に現地に行かないとわからないことがたくさんあります。
現地では虐殺博物館や難民キャンプへの訪問、虐殺の生存者や大学生との議論、 JICAのプロジェクトの見学などのプログラムが含まれています。
関心がある方は yonekawa@cc.utsunomiya-u.ac.jp までご連絡下さい。問題意識があれば、宇都宮大学以外の学生や一般人も歓迎です。皆さんの参加をお待ちしています(募集の締め切り日は12月8日)。
PR
先日、TBSキャスターの松原耕二さんの本『ここを出ろ、そして生きろ』の出版記念パーテイーに出席しました。この本は「世界を舞台にしている恋愛小説」と呼ばれているようですが、私は人道支援者の現場での生々しい葛藤を語った小説としてとらえています。

その現場の一か国にコンゴが入っているのですが、読んでいて、以前経験した苛立ち、怒りや無気力をフラッシュシュバックをする思いでした。それは、いろんな理由から難民を救うことができなかったり、大国の貪欲に直面したり、現場と本部間の問題意識のギャップ等から来たものです。人道支援の現場で働きたいと希望する若者に現実を知ってもらい、心の準備をしてもらうためにもぜひ読んでもらいたい本です。このような小説を書いてくださって、本当にありがとうございました。

コンゴを舞台にした小説はこれ以外に、今ベストセラーになっている「ジェノサイド」もあります。まだ読んではいませんが、読んでみたいです!

ある人が「今コンゴは流行なのかもしれませんね」と言っていたのですが、コンゴの現状は日本でほとんど語られていません。今日コンゴでは大統領選挙があり、これまでさまざまな衝突事件が起きており、おそらく選挙後に暴力行為が予想されています。選挙前日になって「やっと」NHKが下記のように報道しました。TBSの松原さんも小説だけでなく、今のコンゴも報道してくださいね!お願いします!

コンゴ 選挙を前に緊張高まる

11月27日 23時23分

大規模な内戦が続いたアフリカ中部のコンゴ民主共和国で、大統領選挙が行われるのを前に与野党の支持者が衝突し、緊張が高まるなか、国連のパン・ギムン事務総長は、27日、声明を発表し、双方に自制を求めました。

1998年から5年近く続いたコンゴ内戦は、周辺の6か国も介入して「アフリカ大戦」と呼ばれる大規模な紛争に拡大し、400万人近くが犠牲となりました。その後、国連主導の和平プロセスが進んでおり、日本時間の28日、2006年以来2回目となる大統領選挙と議会選挙の投票が行われる予定で、内戦後の国の安定の鍵を握るものとして国際社会の関心が集まっています。こうしたなか、首都キンシャサでは、再選を目指す現職のカビラ大統領と対立候補で野党党首のそれぞれの支持者の間で衝突が続いており、警官隊が催涙弾を投げたり発砲したりするなどして、これまでに2人が死亡しました。また、選挙に関する集会を阻止しようと、現職の意向を受けた警官隊が対立候補の車列を妨害するなど、投票日を前に緊張が高まっています。事態を受けて、国連のパン・ギムン事務総長は、27日、声明を発表し、「選挙を平和的で安全な環境のもとで行うべきだ」として、与野党と双方の支持者に自制を求めました。

それにしても本当に驚きです。コンゴの大統領選挙が2日前に迫ってきているのにもかかわらず、日本のメデイアはまだそれについて報道をしていません。ちなみに「コンゴ 選挙」でgoogleをすると、未だに前回(2006年)の選挙に引っかかる状態。。。一体日本のメデイアは何をしているのでしょうか。シリアやエジプトが大変な状況にあるのはわかっていますが、コンゴは大変戦略的な国(アフリカで2番目に面積が広く、フランス語圏国としてフランスに次いで2番目に人口が多く、天然資源が豊富なために125年以上にわたって大国(日本もそれに含まれている)による「資源の呪い」が続き、しかも第二次世界大戦後最大の犠牲者数(600万人)を生んでいる紛争がまだ続いている)で、選挙関連で多くの不正と人権侵害が起きています。
「今の若者は内向きになって・・・」と言う大人が多いのですが、日本のメデイア(フリーを除く)が重要でないニュースを取り上げたり、時事問題をきちんと分析をせず単純化したまま報道するから、若者の思考力に悪影響を与えているのではないでしょうか(もちろんそれだけが要因とは言えませんが)。日本のメデイアの皆さん、しっかりして下さい!
 
さて、日本政府はコンゴの選挙にどのような支援をしているのでしょうか。
外務省のHPによると、「選挙サイクル支援計画(7,700万円を供与額とする無償資金協力)」であり、「本年11月に予定されている大統領・国民議会選挙において,選挙への参加,無効票の回避などを通じて選挙人の意思が正しく選挙結果に反映されるよう,有権者に対する選挙啓発活動用のポスター,ステッカー及び横断幕や選挙管理員に対する教育用マニュアルを供与するものであり,この計画への協力により,公正で透明性・信頼性の高い選挙が実現され,同国の民主化プロセスが促進されるものと期待されます。また,この協力は,アフリカにおける平和の定着を支援する観点からも大きな意義を有するものです。」
 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/11/1107_08.html
 
うーん、日本政府は、選挙の教育用マニュアルが平和の定着に導くと本気で考えているのでしょうか。そもそも出馬している候補者に問題があるのに、公平で透明性の高い選挙は100%期待できません。先日もブログで紹介しましたが、今回は387人にレープを犯したことがある民兵のリーダーといった候補者を紹介しましょう(Al Jazeera)。コンゴでは「不処罰文化」があるから、犯罪者が簡単に出馬できるんですね(このような不処罰文化があるのはコンゴだけでなく、日本もそうなのだが。。。)。そしてもう一つの記事(南アのSAPA)には、南アでコンゴの大統領選挙の投票用紙が印刷されたのですが、その投票用紙が在南ア・コンゴ人の間で配布されているという内容です。
 
Al Jazeera: Wanted Congo rebel leader holds public rally
Ntabo Ntaberi Sheka, accused of orchestrating mass rape campaign in DR Congo, stages election rally as police look on.
 
 Crowds gather to hear Sheha address an election rally in eastern DRC  [Azad Essa/Al Jazeera]
Walikale. Democratic Republic of Congo - A national assembly candidate charged with organising the mass rape of 387 people has staged a campaign rally in the eastern Congolese town of Walikale.
Ntabo Ntaberi Sheka, running for one of two seats in the Walikale district of the North Kivu province of the DRC, held the rally on Thursday in full view of police, the Congolese army and within three kilometres of a UN peacekeeping base.
Sheka leads a faction of the Mai Mai armed group operating in the surrounding rainforest and an arrest warrant for crimes against humanity has been issued by Congolese prosecutors over his alleged involvement in the mass rapes across 13 villages in the Walikale district in mid 2010.
Standing on an abandoned flat bed trailer lying in the centre of the town, and dressed in blue military-style fatigues, aviator sunglasses and a green straw hat, Sheka told Al Jazeera that he was not a military commander, but a politician, trying to protect the interests of his people.
"If I am guilty of all of these [rape] crimes, why then are all these people here to support me?" he asked, standing between amid a phlanx of bodyguards.
Sheka, when probed about the probability of arrest, said that "the people" would come to his rescue and defend him in the event of authorities acting on the warrant.
"Just you try it [arrest me] and these crowds will beat you," he said
 
'Outrageous'
Human rights groups have condemned Sheka’s participation in this year’s election and called for his immediate arrest.
Anneke van Woudenberg from Human Rights Watch told Al Jazeera that it was "outrageous that Sheka could simply walk into Walikale in full view of the police and hold a rally".
Van Woudenberg said that the very fact that Sheka is standing in the elections with such severe charges lodged against him, brings together the vast myriad of problems facing the DRC, including impunity, blood minerals, the proliferation of weapons and gender violence.
Sheka might just be one of 19,000 candidates vying for 500 legislative seats, but his inclusion is symbolic of the scant regard for the rule of law.
"His participation in the elections and continued freedoms do little to end impunity and won’t bring peace to the country," she said.
Sheka was named in a UN report released in July 2011 that documented the rapes of at least 387 civilians in a devastating rampage of violence between July 30 and August 2, 2010. The UN alleges that Sheka's Mail Mai faction were one of three armed groups directly involved and Sheka was one of the leaders with command responsibility.
 
Support
The crowd took over the city centre, blocking the main street beneath the old, fractured town hall as supporters and passerbys, climbed trucks and searched for a close up view of the proceedings. Despite the rain, hundreds gathered with enthusiasm, some under colourful umbrellas standing in puddles of mud, as Sheka went to address them.
"You have to forgive us," Sheka said, “We are coming from the jungle and don’t have the loudspeakers to address you.
“I am the president of the political wing of a militia group … and we will solve your problems,” he said to wide applause.
Support for Sheka in Walikale is chequered, with locals mostly unwilling to openly speak about their political alliances, fearing reprisals. A local source explained that many residents still see Sheka as defending the community from marauding foreign fighters from Rwanda.
But a local teacher from Walikale told Al Jazeera that Sheka had caused enough damage to people’s lives and that he would not support him, while a mobile phone vendor sitting just metres from rally said that Sheka ought to be apprehended for his crimes.
 
‘Cannot be traced’
Earlier, Sheka emerged from a set of red stonewalled buildings behind a school and marched in the rain with around 100 of his fighters, carrying rocket-propelled grenades and AK 47s into the town. His supporters promptly joined the march singing songs and beating plastic containers in a bid to create a ruckus ahead of his address.
The rally came after days of confusing events that left UN and political analysts speculative of the shifting relations between the Congolese army and Sheka's Mai Mai faction.
On Wednesday, Jonathan Chuma, Walikale’s sector commander, told Al Jazeera that Sheka had entered the town and was in the hands of government forces, but clarified that “he was not under arrest” despite the warrant.
 Sheka's rallies have attracted hundreds of people ahead of the elections[Azad Essa/Al Jazeera]
Chuma provided no other details and asked Al Jazeera not to film around the school complex which fed further speculations of ongoing negotiations between the two sides.
When approached on Thursday at the school complex about Sheka’s whereabouts, Chuma said that the rebel leader had "disappeared" and that they "cannot trace him".
But within an hour, Sheka emerged from the complex, and marched with his entourage of fighters and supporters into town.
The rally continued despite the torrential rains that continue to swamp the eastern DRC. Poorly built sand tracks are flooded, and the UN was forced to cancel flights on Thursday due to poor visibility.
The UN stabilisation mission MONUSCO are racing against time to transport election material to offices across the country, after materials arrived late in Kinshasa.
Walikale, a remote region with North Kivu in the eastern DRC is considered one of the hotspots during these elections as government forces and armed groups continue to battle it out in the forests. The region is known for significant gold, diamond deposits, attracting rival groups to compete over territory.
The DRC is scheduled to hold its second presidential and legislative election since 1960 on November 28. Joseph Kabila, the incumbent president is tipped to be re-elected though analysts are warning that key opposition candidates Vital Kamerhe and Etiene Tshedekedi should not be underestimated.
 
Sapa: DRC 'ballots' doing rounds in Johannesburg
 
South Africa has emerged as a key part of the battleground for the November 28 elections in the Democratic Republic of the Congo (DRC) -- from the printing of ballot papers (some of which appear to be on the streets of Johannesburg) by Robert Gumede's 4 Rivers Trading company -- to the provision of air support by the South African National Defence Force for the delivery of the ballot papers.
 
DRC opposition leader Etienne Tshisekedi, was in the country for three weeks in November, while agreements between DRC President Joseph Kabila and President Jacob Zuma for the Grand Inga Dam project were signed just ahead of the highly-contested elections.
 
Through a spokesperson, Gumede, the controversial billionaire businessman who has been embroiled in a legal battle with the department of home affairs over a R2-billion tender, said he could not speak about the printing of the DRC ballots because of "signed confidentiality agreements".
 
But a source close to 4 Rivers Trading confirmed the company won the tender to print the ballots on November 4. They were printed in the Western Cape, Eastern Cape, KwaZulu-Natal and Gauteng.
Although the source would not reveal the cost of the tender, the DRC's 2006 ballots, which were also printed in South Africa, by Ren-Form, was $50-million (R400-million). But those elections were on a smaller scale than the present one.
 
This year, 32-million registered voters will make their mark at more than 63 000 polling stations to vote for 11 presidential candidates, including Kabila and Tshisekedi. There are also more than 18 000 parliamentary candidates who are running for 500 National Assembly seats, which means some of the ballot papers consist of 56 A4 pages. The overall cost of the elections has been reported to be $1.2-billion.
 
It seems that some of the ballot papers are in the hands of members of the Congolese community in Johannesburg. The Mail & Guardian has seen two presidential ballot papers and two pages of the National Assembly ballot papers, which appear to be authentic. But attempts to confirm their authenticity with the Commission Electorale Nationale Indépendante, the DRC electoral commission, were not successful by the time of going to print.
 
The DRC ambassador to South Africa, Bene M'Poko, dismissed the possibility. "The reason we came to South Africa to print the ballots is because we trust the country's security," he said. "No one will have that ballot paper at this point, not even the chairman of Commission Electorale Nationale Indépendante or me."
 
He accused Congolese citizens distributing what he termed the "fake ballots" of working for Tshisekedi to tarnish Kabila's name.
Vincent Tohbi, the Kinshasa head of the Electoral Institute for Sustainable Democracy in Africa, said the electoral commission appeared to be "doing their best" to deploy the materials. But he understood that, although all the ballot papers should have been in the DRC by Thursday afternoon, many would not have reached some of the more remote areas. Friday was the deadline for all material to be delivered to their stations.
 
"The serious logistical challenges of the electoral commission are the same as they were from the start," said Tohbi.
 
Minister of Defence and Military Veterans Lindiwe Sisulu, who visited Kinshasa last weekend, told the M&G that South Africa was not aware, until last Sunday that the DRC electoral commission was struggling. "When we got here we realised that they have bigger problems. They can't transport ballots to 210 sub-hubs from the 13 hubs that South Africa was asked to deliver to."
 
The defence force deployed seven aircrafts this week, in addition to the four that were already on the ground, to assist with transportation.
 
While Tshisekedi was in South Africa, from October 21 to November 10, he held an "economic summit", which was hosted at the Rosebank Hotel by a group called Africanised. A source close to the Tshisekedi camp in South Africa confirmed that the veteran opposition leader also met Mathews Phosa, the ANC treasurer. But attempts to reach Phosa and to get confirmation from both the department of international relations and the ANC were unsuccessful.
 
Some are questioning the timing of an agreement to kick start the estimated $8-billion to $10-billion Grand Inga Project on the Congo River, which has been under discussion for years. It was finally announced on November 11, the day after Tshisekedi left the country to return to the DRC.

コンゴの大統領選挙が3日後に迫ってきました。いつも直前になってバタバタするのですが、そこん所何とか実現するのがコンゴ風なんですね。しかし前回と同様に、金のばらまきなど不正がたくさんあるそうで、野党と与党間の緊張感はかなり高い。選挙後にその緊張感が暴力と導くのではないかと今からひやひやしています。
和訳する時間がないために、AFPとRadio Netherlandsのニュースをそのまま下記に添付しました。

Afp: DR Congo scrambles to get ready for polls

KINSHASA — Four days from elections that some analysts doubt it can pull
off on time, the DR Congo was rushing Thursday to overcome the challenges
of crumbling infrastructure and a territory two-thirds the size of western
Europe.

Monday's presidential and parliamentary polls are only the Democratic
Republic of Congo's second since back-to-back wars from 1996 to 2003, and
the scars from those conflicts -- together with the country's massive size
-- mean election officials face a raft of logistical headaches.

The election commission has set itself a Friday deadline to deliver 186,000
ballot boxes and more than 64 million ballot papers to nearly 64,000
polling stations, in a country of 2,345,000 square kilometres (906,000
square miles) -- 77 times the size of former colonial ruler Belgium.
Commission chief Daniel Ngoy Mulunda said he is confident his team can make
the deadline, with the help of 80 aircraft hired from private companies as
well as the combined support of the United Nations, South Africa and
Angola.

"The objective is to reach 100 percent of the voting sites by November 25
at the latest. We think that with the combination of different means of
transport and all the systems we've put in place, we'll make that
deadline," Mulunda told journalists Wednesday.

But as recently as 10 days ago, Mulunda's top deputy said organisers could
need more time.
"If we're not ready, we'll ask for a few days and hold the elections on
December 2 or 5," said Jacques Djoli, vice president of the National
Independent Election Commission (CENI).

The sheer size of the task is daunting.The DRC has 32,024,640 registered
voters, up from 25 million at the last polls, in 2006. CENI has responded
by expanding the number of voting stations to 63,865, up from some 55,000
in 2006.

The number of candidates is also a record: 18,835 contesting 500 seats in
the national assembly, up from about 9,600.

In Kinshasa alone, there are 5,491 candidates for 51 seats. One of the
capital's four constituencies has a 56-page ballot.
There are 11 presidential contenders, down from 33 in 2006.

In a bit of good news, Mulunda announced Wednesday that all the ballot
papers had arrived from South Africa, where they were printed.
But in a country with a crumbling and limited road network, getting them to
polling stations is a challenge -- not to mention the ballot boxes
themselves, which were made in China and, at one metre (yard) tall,
resemble giant trash bins.

The budget for the entire election cycle -- single-round presidential and
national assembly votes Monday, plus local, provincial and senate elections
in 2013 -- keeps growing, and currently stands at $1.1 billion (823 million
euros).

Amid the logistical chaos, the CENI has faced accusations of fraud.
A leaked report by Belgian company Zetes, contracted by the government to
issue biometric voter cards, said there were hundreds of thousands of
"ghost voters" on the register, mainly in strongholds of incumbent
president Joseph Kabila.

The Union for Democracy and Social Progress (UDPS) -- the party of Etienne
Tshisekedi, Kabila's top rival for the presidency -- also accused the CENI
Wednesday of creating "fictitious" polling stations.

"There has been a systematic fraud organised in massive fashion," UDPS
secretary general Jacquemin Shabani told journalists, saying more than half
the stations don't exist.
The CENI denied the allegation.
"When there's a polling station that's in the wrong place on the map, it's
not an attempt to cheat," said Mulunda.


Radio Netherland: DRC elections: money talks

In the Democratic Republic of Congo (DRC), there are more than 18,000
candidates competing for 500 parliamentary seats, in the November 28
legislative elections. Two business-minded housewives in the capital,
Kinshasa, have found a lucrative way to profit from the situation.

“In the beginning, we wanted to understand why there were so many
candidates in the legislative elections. We thought it was important to
approach those candidates, talk to them and offer to organise a meeting
with their potential constituency”, explains housewife Naomi Tambaram, who
is outspoken and highly inquisitive.

Turning necessity into virtue

With their dynamism and popularity in their locality, Naomi and her friend
Zeta have managed to gather a large crowd for the meetings of a dozen
candidates in the Yolo-North neighbourhood.

“We do not only gather the people. We talk to the candidates beforehand and
give them a few tips on the type of speeches they should deliver. We know
whether or not the audience supports the opposition, therefore we guide the
candidates to ensure that they win the hearts of the people”, the women
explain.

Sardou Lumbu, a parliamentary candidate, has used the organisers for his
campaign. “Due to the limited means we received from the party, we were
advised to work mostly with family members, friends and any influential
individuals we knew. I organised two meetings with such influential people,
hoping that their influence will earn me votes in the polls”, admits
Sardou. “I know that many people who come are undecided over which way to
vote, but one should bear in mind that a beautiful speech always wins
votes”, adds the parliamentary candidate.

The price of support

On 28 November, voters in the Funa constituency in Kinshasa will elect 12
representatives, from a pool of 1,150 candidates, to stand in parliament
for the next five years. These voters are aware that the candidates are
prepared to do whatever it takes to wins their votes.

“When a candidate wants an audience of 50 people, for example, he or she
should provide t-shirts, drinks and most importantly hard cash (a little
over 3 Euros per person) for the participants. Moreover, I have to entice
the people with gifts, otherwise no one will come”, explains Amos Kabongo,
a teacher who earns between 38 and 75 Euros from each meeting he organises.

 Undecided
But a large turn out at candidate meetings does not necessarily translate
into votes, especially as the organisers use gifts to draw in the crowds.
“I’ve been to three meetings. Of course, the gifts are always welcome, but
I attend the meetings for entertainment. I haven’t chosen a candidate yet,
but whenever there is a meeting somewhere in the neighbourhood, I go and
listen to a potential member of parliament. It allows me to make a better
choice because we get to ask the candidates questions”, explains Dechris,
who manages a telephone kiosk.

There is no denying that as the elections draw closer, DRC presidential
candidates will do whatever it takes to improve their chances, even if it
means breaking the piggybank.

今朝ニュースを見て(日本のではなく、海外のです)、びっくりしました。世界のメディアが、
ライス国連大使のルワンダへの人権外交を報道していたからです。アメリカ政府がリビアやリビア
政府などに対して批判するのは珍しくないのですが、ルワンダ政府に対してはほとんどないので、
注目する価値はあります。ライス氏は、1994年のルワンダ虐殺を巡る機密情報を知っている一人
ですが、それはともかく、日本政府もこれぐらい言っていただきたいですよね。
U.S.’s Rice Criticizes Rwanda’s ‘Closed’ Political Culture
November 23, 2011, 10:55 AM EST
By Heather Murdock
Nov. 23 (Bloomberg) -- U.S. Ambassador to the United Nations Susan Rice criticized Rwanda’s “comparatively closed” political culture and said the East African nation should take steps to broaden democracy.
Restrictions on the media, harassment of civil-society activists, opposition figures and journalists as well as the disappearance of some of them pose the “next developmental challenge” for the country, Rice said in a copy of a speech delivered at the Kigali Institute of Science and Technology in the capital today.
“The deepening and broadening of democracy can be the next great achievement of this great country and its remarkable people,” she said. “Economic development and political; openness should reinforce each other.”
A genocide in Rwanda in 1994 that left more than 800,000 ethnic Tutsis and moderate Hutus dead led the Rwanda government to introduce laws that stifle free speech and political opposition, Amnesty International, the London-based advocacy group, said in June. A presidential elections last year, in which President Paul Kagame won 93 percent of the vote, was marked by a “clampdown on freedom of expression,” it said.
The government called the report “inaccurate” and said it reviewing genocide-ideology and sectarianism laws, while also taking steps to develop its media.
Rice, who is on a four-day diplomatic mission to Rwanda, praised Rwanda for its economic growth and technical capabilities, saying per capita gross domestic product has tripled since the genocide.
Rwanda’s economy doubled in size in the nine years through 2010, according to the World Bank. The government forecasts growth will be 8.8 percent this year.
--Editors: Paul Richardson, Karl Maier.
 
日本で報道されていないニュースを一つ共有しましょう。
ラントス人権賞(Lantos human rights prize)をご存知でしょうか。詳細は下記まで
http://www.lantosfoundation.org/index.asp
 
2009年に設立されたこの賞は、これまでダライラマ法王など大物が受賞してきたのですが、今年は映画「ホテルルワンダ」の主人公のポール・ルセサバギナ氏(Paul Rusesabagina)が受賞しました。とてもおめでたいことです!
 
しかし予想していたことですが、ルワンダ政府がこれに抗議をしたのです。ルワンダ政府はこれまで「ホテルルワンダ」は実話ではないとか、ルセサバギナ氏は1994年の虐殺首謀者と共にテロリズムの資金を提供しているだの非難してきました。下記のVoice of Americaのニュースでは、あるルワンダ人が「ホテルルワンダは実話ではない。ホテルマネージャーのルセサバギナ氏ではなく国連が生存者(survivor)を守ったのだ」と証言しているのですが、「虐殺が始まったとき、国連PKOはさっさと国から出て行った。ルワンダは国際社会から見捨てられた」と国連などを批判していたのは、どこの誰でしたっけ?
 
実はポール・カガメ大統領とルセサバギナ氏の「二人のポール」は、数十年睨み合っている関係で、そのために後者は1990年後半から亡命しています。国外にいるからといって安全の保障はなく、今でもルワンダ政府からの脅迫を受けながら生きています。後者がルワンダ現政権を批判しているのは、ルワンダ現政権が実現していない「平和と和解」を求めているからで、しかも彼は他の多くの男性らと違って、それを非暴力で訴えてきました。彼自身はフツですが、彼の妻も母もツチです。
 
時間(1時間)がある人は、ぜひ下記のVoice of Americaのルセサバギナ氏とラントス基金のインタビュー(11月16日放映)を観てください。
http://www.voanews.com/english/programs/tv/65652317.html
 
日本のメデイア等の報道と違った視点で、ルワンダの現実が見ることができます。「人権」というフィルターから国を見ると、ショックを受けることが多くあることに気が付くでしょう。
28日にコンゴの大統領選挙があるのですが、前回と同様に無茶苦茶な状態で、腹正しい感情をすっかり超えています。選挙の状況がどれだけ「腐っている」のか、下記のようにまとめてみました。
 
1.アフリカで2番目に面積が大きいコンゴは、186,000の投票箱が必要なのですが、それらは全て中国でつくり(!)、先週の時点では12,000個しかコンゴに届いていないそうです。これらをコンゴに輸送するために、飛行機16機が必要なのですが、それだけの予算があれば、国民の生活改善に使ってほしい!!と思うのは、私だけでないはずです。なぜわざわざ中国から投票箱を「輸入」するのか?国内で製造できないからではなく、野党やジャーナリストから遠く離れたところでつくることにより、カビラ政権が不正操作できる確率が高いからです。ちなみに投票用紙は2006年の選挙同様に南アで印刷しています。日本のODAが投票箱と用紙の輸送費に使われているのか(そもそも選挙にどれくらい貢献しているのかわからない)わかりませんが、こんなに無駄な援助はありませんよね!
 
2.大統領候補は11人、そして何と国会議員の候補が18,855人も!無職のコンゴ人が多く、政治家になれば、仕事をしなくても給料がもらえるために、誰もが立候補しているのだそうです。選挙キャンペーンでは、金がない候補は友人や親せきの車を借りるなどやりくりしているとか。ちなみに、私が以前勤務していたコンゴ東部の北キブ州の州大臣の給料は月約4,500ドルで、ジャーナリストの給料(30-80ドル)よりはるかにいいんですね。政治家しか生きる道がないのかと思うと、ため息が。。
 
3.先週末から、国内・海外のメデイアによる有力な野党党首のチセケディ氏【78歳】へのバッシングが悪化しています。彼は、モブツ政権とも長年闘い、国民にも人気者です。メディアはカビラ大統領を保護しているのが明らかで、中立的な報道はしているとは思えません。例えば、チセケディ氏が「自分は大統領である」と宣言したり、「刑務所にいる政治犯を解放するために、48時間内に刑務所を破壊するように」と国民への呼びかけたのですが(実際に破壊はしていないが)、ICC(国際刑事裁判所)でさえ選挙関連の犯罪を起訴すると脅しています。そもそも政治犯が独裁的に逮捕されていること自体おかしいことですが、その説明は現政権からありません。チセケデイ氏の行為が「口頭の暴力」としてバッシングがされているのですが、なぜ同様のことをカビラ政権に対してしないのでしょうか。人権活動家やジャーナリストを数名殺害したという「悪意の行為」の責任者であるはずなのに! それだけでなく、選挙関連の犯罪であれば、カビラ大統領もかなり関与しています!野党党首らが国内で選挙キャンペーンをするため、飛行機で地方を回らないといけないのですが、飛行機の着陸の許可書を現政権がボイコットしています。
 
4.国内外のメディアや市民団体が「コンゴに公平で平和な選挙を」と呼びかけていますが、その前に候補者の背景を確認する必要があります。下記のNYTimesにも、「疑わしい候補者(元武装勢力のリーダー)がいる」と書いていますが、戦犯罪人であるカビラ現大統領はもっと疑わしいのです!(参照は『世界最悪の紛争「コンゴ」』をご参照ください。
 
ということで、民主主義へのロード(であるはず)の「選挙」という単語に振り回されることなく、しっかり情報収集して現状分析をしましょう。私も時間を見つけては情報を共有します。
 
http://www.nytimes.com/2011/11/10/world/africa/unruly-election-campaign-mirrors-congos-instability.html

November 10, 2011
The New York Times
 
NAIROBI, Kenya — First, Cmdr. Ntabo Ntaberi Sheka ordered his militia to join an attack on a group of villages in eastern Congo, where the fighters gang-raped at least 387 women, men, girls and boys, according to a United Nations report of the atrocities.
 
 
One of the candidates in Walikale is accused in a mass rape.
 
Now he wants the villagers’ votes.
 
Commander Sheka, who is wanted by the Congolese government for his involvement in the 2010 mass rape, in the Walikale area of eastern Congo, is one of the most vivid symbols of Congo’s lingering insecurity and impunity as the country prepares for its second general elections since the end of its civil war.
 
Even with an arrest warrant hanging over his head, Commander Sheka, the leader of the Congolese rebel group Mai-Mai Sheka, is running to represent Walikale in Parliament.
 
More than a week into the campaign season, violence and controversy are bubbling up. Many analysts expect President Joseph Kabila to win another five-year term in a relatively peaceful vote on Nov. 28, though he has lost a lot of support in the country’s troubled east. Beyond that, logistical delays and a suppression of human rights are endangering the process, the United Nations says.
 
“The kind of intimidation, threats, incitement, arbitrary arrests and violence that we have documented is unacceptable,” the United Nations high commissioner for human rights, Navi Pillay, said Wednesday in conjunction with a report on the election.
 
Much of Congo’s ballot materials, papers printed in South Africa and China, have yet to arrive.
 
One of Mr. Kabila’s leading challengers, Etienne Tshisekedi, has lingered in South Africa as well. On Monday, he referred to himself as “president” in an interview with a Congolese television station and called on the government to release his jailed supporters.
 
“Or else I will call on fighters across the country to break down prison doors and release their comrades,” Mr. Tshisekedi was quoted as saying.
 
The African Union has grown worried over Congo’s election, with the group’s chairman, Jean Ping, visiting the capital, Kinshasa, this week and calling for peace leading up to vote. Political violence has already erupted in different corners of the country.
 
In Kinshasa last week, armed men opened fire on campaign representatives for Mr. Tshisekedi. In the southern city of Lubumbashi on Saturday and Monday, his supporters clashed with another opposition party, leaving more than a dozen people injured. And in the eastern city of Goma last weekend, gunfire broke out after a popular musician singing campaign songs for the opposition was abducted and his fellow ethnic Hunde protested.
 
“The vote will be subject to much greater local variation, depending on the popularity of local leaders, priests and customary chiefs, who are allied to different political parties,” making the outcome “difficult to call,” said Jason Stearns, an author and Congo analyst.
 
“The election will be very close,” he added, with “a high probability of urban unrest.”
 
Congo’s election includes a number of dubious candidates, some suspected of being criminals. One presidential candidate, Antipas Mbusa Nyamwisi, is a former rebel leader whose militia carried out a massacre at a hospital and the surrounding area in 2002 during Congo’s civil war. The fighters slaughtered any patient who looked to be from the Hema and Bira groups, killing more than 1,000, according to Human Rights Watch. After the war, Mr. Nyamwisi became Congo’s minister of regional cooperation.
 
Another candidate is François-Joseph Nzanga Mobutu, the son of the former dictator Mobutu Sese Seko, who was overthrown in 1997.
 
As for Commander Sheka, he is one of about 19,000 candidates for Congo’s National Assembly, the lower and main chamber of Congo’s Parliament. Commander Sheka, listed as a “trader” on Congo’s election Web site, is one of 65 running in Walikale.
 
“Congolese authorities should be arresting Sheka for mass rape whether he is running for office or not,” Anneke Van Woudenberg, senior Africa researcher for Human Rights Watch, said in a news release. “The failure to arrest someone who is out publicly campaigning for votes sends a message that even the most egregious crimes will go unpunished.”
 
Despite numerous peace treaties and reconciliation with neighboring Rwanda, Congo faces widespread instability and a vacuum where a governmental presence is lacking. There may be no symptom of the country’s struggles quite like Congo’s rape epidemic, a chilling example of which took place in Walikale.
 
Between July 30 and Aug. 2, 2010, Commander Sheka’s troops, along with two other rebel groups, moved through 13 villages in Walikale, raping hundreds of villagers, including children and elderly women, and abducting 116 people.
 
Congolese authorities supported by the United Nations tried to arrest Commander Sheka in July while he was spending the night at the home of a friend in the Congolese Army in Goma, Human Rights Watch said, but he escaped, apparently after he was tipped off. In September, he registered as an independent candidate for the National Assembly.
 
“We were a bit surprised when we heard about Sheka’s registration as a candidate for the National Assembly,” said Hiroute Guebre Sellassie, the top United Nations official in North Kivu Province, where Walikale is located. According to Congolese law, Commander Sheka would be immune from prosecution if elected, Ms. Sellassie said, but that “does not mean that he is not going to face justice at one point,” arguing that immunity could be lifted.
 
Congo’s elections, particularly the presidential race, may be a barometer of how well drastic geopolitical changes in Africa’s Great Lakes region have been received in Congo, especially concerning Congo’s relationship with its neighbor Rwanda.
 
Mr. Kabila won the 2006 presidential election almost entirely on votes from eastern Congo, where he is from and where he has remained popular for his nationalistic and confrontational stance against Rwanda during years of tension between the nations.
 
But in 2009, Mr. Kabila invited Rwandan troops into Congolese territory to help root out Rwandan rebels in the area in exchange for renewed diplomatic relations, leading many in eastern Congo to believe that Mr. Kabila had betrayed them.
 
Still, a constitutional amendment passed this year says that a candidate does not have to win more than 50 percent of the vote to be elected.
 
“The big difference between the last elections and this year’s is one of motivation,” said Mr. Stearns, the Congo analyst. “Kabila has lost a lot of his support in the east, his voting base during last elections,” but “he has been able to stitch together a strong network of influential leaders and has been able to divide the opposition vote.”
下記は、私のコンゴ啓蒙活動の仲間である、ヴァージル・ホーキンズ氏(大阪大学教員)が書いたものです。これを読んでいると、日本メデイアの質がわかり情けないやら。。。もちろん、士気の高い魅力的なジャーナリストもいますが、それは少数派です。

しかしジャーナリストだけを非難するのは不公平です。大学教員になってわかったことは、日本の教育(特に中高)では、先生が言っていることをコピペすればいいという風に教えられていますし、ソフトな課題のみを扱っています。ですから、若者(だけではないのですが、、、)には思考力(特に批判力)が不足しているし、エンタメといった楽しいニュースだけを聞き、慰安婦問題や戦争犯罪などのハードな問題は聞きたくないのですね(もちろん先生も教えられていないし、教えると職を失う可能性大)。悪い意味で平和ボケです。ジャーナリストも、他の職業の方も、その教育の負の影響を得ている可能性がありますので、私も含め社会人に責任があると言えるでしょう。皆さん、国内外における人権、貧困、難民・移民、戦争、原発・放射能、歴史、開発などハードな問題についてもっともっと議論しましょう!

*Yahoo! JAPAN **ニュースとアフリカ*

「アフリカも世界の一部」第**4**6**号 *

「アフリカも世界の一部」運動の記事が長い間、休止状態になりお詫び致します。復活第1号は、いつもと違う内容で発信します。

日本では、多くの人が世界に関する情報をインターネットで入手するようになった。そこで、新聞や通信社から記事を集積しているYahoo! JAPANニュースの1年分(2010年)の報道(20,233件)を分析してみた。

まず目立ったのは、新聞、通信社と同じく、日本に関する情報が大半を占めたという結果である。国際ニュースは全体の記事数の10パーセントにすぎなかった。その中でも、世界に関するニュースだけではなく、世界にいる日本人にスポットを当てた記事も少なくなかった。また、エンターテインメントの記事は15パーセント、スポーツの記事は22パーセントと、「ソフト」なニュースは37パーセントにも上った。

また、少ない国際ニュースの中でも、アフリカ大陸に関するニュースはたった2.4パーセントしかなく、ほとんど相手にされていないということが明確である。ニュースとして取り上げられた個人・グループと比較してみよう。

報道の対象

Yahoo!JAPANニュースの記事数(2010年)

本田圭佑選手 88
AKB48 87
石川遼選手 85
市川海老蔵 74
鈴木イチロー選手 60
浅田真央選手 59
押尾学 52
亀田兄弟 52
アフリカ大陸(全54ヵ国)49
沢尻エリカ 43
タイガー・ウッズ選手 33
チーム青森(女子カーリング)30

すべての有名人を取り上げているわけではないが、明らかなのは、様々なスポーツのトップ選手や、スキャンダルで注目を浴びた芸能人が、たった一人でも、アフリカ全54ヵ国でのすべての出来事に対する報道量を軽く超えている。

では、わずかなアフリカに関する記事の内容を見てみよう。南アフリカで開催されたFIFAワールドカップ(サッカー)を中心とした記事は全体の28パーセントも占めていた。これはスポーツのニュースではなく、ワールドカップ開催時の治安や応援に使われていたブブゼラ(プラスチック製のラッパ)などを話題にしたニュースであった。ワールドカップに関係していない南アフリカに関する記事は
3件しかなかった。

ワールドカップ関連の記事を除けば、アフリカでもっとも報道された国はスーダンで、ダルフール紛争などについて、6件の記事が掲載された。5件の記事が掲載されたコートジボワールが2位で、ナイジェリアとリビアは3位(それぞれ4件の記事)であった。別の例で比較すると、アメリカのお騒がせセレブ、パリス・ヒルトンに関する記事(9件)、そしてワールドカップの試合結果を占うドイツの一匹のタコに関する記事(8件)も、どのアフリカの国よりも報道の対象となっている。

このような統計は日本のメディアの悲しい現実を反映している。ネット上のニュースでも、世界に関する情報より芸能ニュースのほうが多く、そして少ない国際ニュースの中にも、アフリカはほとんど存在しない。この現実はいつまで続くのだろうか。アフリカも世界の一部だ。


*この現実を多くの人と共有しましょう。フェイスブック、ミクシー、ツィッター、ご自身のブログなどで広め、意識を高めましょう。アフリカも世界の一部です。**
*

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページ<
http://stealthconflictsjp.wordpress.com/2010/07/18/africamosekainoichibu/>
をアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレス <
stealthconflictsforum@gmail.com>にメールを。

過去の記事はこのページ<
https://mail.google.com/%e3%80%8c%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%82%82%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e4%b8%80%e9%83%a8%e3%80%8d/>
からアクセス

「ステルス紛争」とは?このページ <
http://stealthconflictsjp.wordpress.com/>をアクセス。

*
このメールは転送可です。「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!
20日(日)に下記のワークショップを行いますので、関心がある方はぜひ来てください。国際協力と聞くと、日本や大国がアジアやアフリカに支援をするイメージがありますが、我々も謙虚になり、ワークショップに参加される在日のアフリカ系の人等、アフリカからたくさんのことを学ぶ必要があります。

****

アフリカx日本x世界 暴力を平和に変える空間
AFRICA x JAPAN x WORLD
Space for Transforming Violence into Peace
http://spacepeace.exblog.jp
 
(独立行政法人)国際交流基金助成ワークショップ
2011年11月20日(日)
主催:金沢工業大学未来デザイン研究所
======================================
 
2010年に引き続き、本年再び国際交流基金の助成を受け『アフリ カ×日本×世界
暴力を平和に変える空間Ⅱ』を実施してきました。まず日本のメンバーは、昨年
の招聘者の暮らすアフリカ(ザンビア・モザンビーク)を訪問し、地元大学など
現地の機関や住民と共に、都市や農村でのワークショップを開催しました。文化
や歴史や環境の違い、そして地理的な隔たりを超えて、共に学び理解し合い、空
間を共有することを通じて、自然災害や資源利用をめぐる対応に、コミュニティ
の団結力がいかに大切であるかを実感しました。また、自然災害に繰り返し見舞
われるアフリカの人びとの生活に見られる知恵や、困難を克服しようとする絶え
間ない試み、抵力についても大いに学 ぶことができました。
 
一方で、アフリカ訪問のため日本を離れたメンバーは、震災後の日本の情勢が、
アフリカおよび世界レベルでの社会不安や資源をめぐる問題と大きく連動してい
ることを痛感しました。そして昨年度および今回のアフリカ訪問を通じて学んだ
ことを踏まえ、暴力を平和に変える空間をどのように共に作っていくかを、被地・
日本で議論し、その成果について発信する必要性を感じました。そこで本プロジ
ェクトでは、3・11後の様々な困難に直面する日本や世界の現状に対して、何が
できるのかを議論し、アクションにつなげていくことを目的として、ワークショ
ップを開催いたします。
 
<ワークショップ>
 
Feedback to Reality:from Africa to post- 3.11 Japan
現実へのフィードバック:アフリカから3・11後の日本へ 
http://wwwr.kanazawa-it.ac.jp/fdi/FDI/WORKSHOP_NOV.20,_2011_files/AfricaxJapan2011Workshop.pdf
   
 
■11月20日(日)12時~17時30分
ワークショップ(定員30名、参加費¥500、要予約)
 
アフリカンドラムで始まるこのワークショップは、プロジェクトの紹介やアフリ
カ訪問の報告などの後、メインとなる「ルカサ・ワークショップ」を行います。
その後、後半にはアフリカ出身のコメンテーターも含めて討議をし、この2年間
の経験を皆で共有して、東日本大震災後に創造される新たな形の平和の空間につ
いて提案をする事を目指します。
 
<会場>
3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティースペース
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
http://www.3331.jp/access/ 
 
<プロジェクトメンバー>
*アズビー・ブラウン<金沢工業大学未来デザイン研究所所長>
*竹下都<金沢工業大学未来デザイン研究所研究員>
*舩田クラーセンさやか<東京外国語大学大学院准教授>
*米川正子<宇都宮大学特任准教授/国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)ゴマ
(コンゴ民主共和国)元所長>
*村尾るみこ<東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究 員>
 
<予約・お問合せ>
参加方法は事前申込み制となっております。(定員30名)
 
 『アフリカ×日 本×世界~暴力を平和に変える空間 Ⅱ』11/20ワークショップ参
加とお書きに なり、ご氏名・ご連絡先を明記の上、以下のメールまたは電話番
号(03-5410-8379)にお申し込み下さい。
先週公表された、2011年の人間開発報告書(国連開発計画)によると、コンゴが187か国中、最下位にランキングしました(ソマリアはおそらくデータが収集できないためか、含まれていない)。過去40年間、中国のGNPは1200%上がったのに対して、コンゴのは80%低下したとのこと。コンゴの国外に亡命している者は「これはスキャンダル!カビラ現政権が何もしていないことが証明された!」と騒いでいます。
 
http://hdr.undp.org/en/reports/global/hdr2011/
 
ちなみに、コンゴはアフリカで天然資源が一番豊富な国で、それを活用して発展できるポテンシャルが大いにあります。1970年はモブツという独裁政権時代の初期でしたが、コンゴにとって黄金時代で、コンゴ人は自分の国籍に誇りを持っていたとか。現在のルワンダは「アフリカのサクセス・ストーリー」とちやほやされていますが、昔のコンゴはまさにそのような存在だったのでしょう。それが資源が呪いの存在になり、1990年後半に戦争を2回経験し、32年間のモブツ政権は崩壊し、その後のカビラ父子政権も不安定で、コンゴ人の国籍を放棄する人が増えています。国際社会によるコンゴのイメージは悪く信頼度がなく、例えばザンビアで会ったあるコンゴ出身の男性は「コンゴ人だと就職ができないため、ザンビア人の国籍を取得した」と言っていました。当然のこどく、自分のアイデンテイティーである国籍を捨てることは容易なことではありませんが、生活やサバイバルのために、そう強いられているのです。カビラ政権はそれに関して、恥だと思っていないのでしょうか。
 
3週間後にコンゴでは大統領選挙があるのですが、前回と同様に、不正が多く、公平で自由な選挙は期待できません。そもそもコンゴ亡命者や難民が投票できないのはおかしいと思いませんか。これは予算の問題ではなく、反カビラの人が多いために、政治的な問題です。開発低下の責任者であるカビラ大統領を批判するのは野党や勇気のあるジャーナリストだけで、大国はほとんど黙認です。裏に利権があるからでしょうか。日本政府や市民団体よ、もっと批判をしましょう!
今日は、常に危険と死に直面しているアフリカ諸国のジャーナリストについて。”What price the story?”という、4人のアフリカ諸国のジャーナリストの状況について描いたAljazeeraの番組は興味深いので、ぜひ見ていただきたいと思います。もちろん日本人の中にも、苦労をしながらも強い信念を持つ尊敬すべきフリージャーナリストはいるのですが、アフリカ諸国のジャーナリストが抱える恐怖心を考えると、日本人が置かれている状況はまだまだかわいいものです。
 
http://english.aljazeera.net/programmes/africainvestigates/2011/10/20111030104118185817.html?utm_content=automateplus&utm_campaign=Trial6&utm_source=SocialFlow&utm_medium=MasterAccount&utm_term=tweets
 
4人の内の一人、Sorious Samura(シエラレオネ人)とは、数年前にロンドンで行われたダルフール(スーダン)のチャリティー・コンサートでお会いしたことがあり、彼が制作した番組も見たことがあるのですが、汚職、貧困、HIV/エイズ、難民など社会問題を真剣に報道する素晴らしいジャーナリストです!2004年、あるスーダン難民の家族がスーダンのダルフール地方からチャドに逃亡した際に、彼もそれに同行し、難民と同じものを食べ、同じ格好をし(=裸足で歩く等)、同じテントで寝て1か月ほど一緒に生活をしました。その難民はチャドの難民キャンプに着いても、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や地方政府から登録・支援されず、体力も気力も落ちていくのですが、そのような忘れられた難民の厳しい状況をSoriousは生々しく報道し、かつUNHCR等を批判していたのが印象的でした。一般的にジャーナリストが難民を取材する際、短時間難民キャンプを「訪問」し、それ以外の時間は居心地の良いホテルに宿泊するのですが、Soriousの取材方法は自らも難民になってしまうという「草の根」的であったのです。この難民の取材はまだいい方で、他の取材では脅迫や逮捕を数回経験しているそうです。Soriousのドキュメンタリーをご覧になりたい方は下記から注文してください。
 
http://www.insightnewstv.com/
 
あと上記の番組には登場しませんが、ルワンダ虐殺関連の真相を探っているカメルーン人のCharles Onanaも勇気のあるジャーナリストです。ルワンダのカガメ大統領にとって不都合の情報を握っているために、常にカガメ大統領から脅迫を受けながら、フランスで常に住所を変えて生活をしているとのことです。「大湖地域で大統領が3人殺害されたのにもかかわらず、何の真相が知られていない。これは異常なことだ。将来このようなことを避けるためにも、アフリカ人は目を覚ましてほしい!」という彼のメッセジーは迫力があり、なかなかかっこいい!彼のインタビューは下記でご覧になれます(フランス語)。
 
http://www.youtube.com/watch?v=ZUx0Ei3TTyM
 
それにしても、改めてAljazeeraって本当に素晴らしい番組をつくるなと感動しました。日本のテレビのドキュメンタリーはあまりにもソフトすぎ。もっとハードなものをつくってほしいものですね!
おとつい、日本平和学会の秋季研究大会の「アフリカ大湖地域の移行期正義」という部会で、「コンゴにおける重大な人権侵害ーアフリカ大湖地域における不処罰文化への対処と司法機関の設立」を発表しました。私は90年代にルワンダで、そして3年前までコンゴ東部で、難民や国内避難民の支援や保護に従事しただけで、国際法の専門家ではないのですが、不処罰(impunity)の根絶の重要さを現場で強く実感したために、このテーマを取り上げることにしました。
  
これまでも他大学で不処罰に関して話す機会があったのですが、この不処罰を知っている人は多くいなく、さらに不処罰の問題にショックを受けた人も多くいました。そういう私も学生時代考えたことはありませんでしたし、UNHCRの仕事をしていなかったら、そしてコンゴ東部にいなかったら、今のように強く問題意識を持っていなかったでしょう。人権団体や国連の報告書には、"to end the culture of impunity,""combat the impunity" と繰り返し明記されていますが、不処罰による恐怖心、そしてそれが社会に与える悪影響に関しては、難民、国内避難民やディアスポラのコンゴ人と出会うことがなかったら、きっと身体で理解していなかったと思います。改めて、現場で感じ、犠牲者と触れることの重要さをしみじみ感じました。
 
今回の平和学会で、私が不処罰を取り上げた理由は二つあります。1つ目は、3年前にコンゴ東部から日本に帰国してから、不処罰の根絶なしに平和構築は実現しないという私の意見に、周りが十分に理解しなかったこと。あるいは理解したとしても、「不処罰なんて昔から行われているわけだし、しかもアメリカの大国もしている」とあきらめムードに入っている人が多かったこと。
 
しかし、デル・ポンテ ICTR(ルワンダ国際刑事裁判所)前検事が言うように、
 
「国際人道法の最悪の犯罪者を裁き、不処罰を絶ち、また法律を尊重するという司法部門が、平和創造や国造りの最初のフェーズから含まれないと、実現できない。司法による正義(justice)なしの平和創造は失敗し、紛争が将来再燃されるだろう」

まったく同感です!

2つ目は、コンゴの人権侵害に関する国連報告書が公表されてから1年経ち、その報告書でルワンダ政府軍等による「ジェノサイド罪」の可能性が問われたのにもかかわらず、それに関して何の議論も行動もとられていないことです。だからこのタイミングに、いろいろと問題意識の高い方々と議論をしたかったのです。
 
今回報告して、いろんな方から貴重な意見をいただいたのですが、改めて不処罰の根の深さを感じました。どの範囲まで不処罰の対象とするのか(大国のような間接的なサポーターも含めるべきか等)、そして不処罰の時間的管轄はどうするのか(アフリカの場合は、植民地時代まで遡るのか)。歴史を辿ればきりがありませんが、例えば1961年の当時の国連事務総長・ハマーショルド氏の死(暗殺の可能性大)に関しても、50年経った現在、目撃者が現れているのですから、そのような歴史の真相を一つずつきちんと明らかにし、その責任を問い、その教訓から学ぶ必要があります(それに関しては下記を参照)。
 
http://www.guardian.co.uk/world/2011/aug/17/dag-hammarskjold-un-secretary-general-crash
 
このような発表の機会を与えて下さった平和学会の関係者に感謝を申し上げます。
不処罰に関してまだまだ勉強不足なので、今後もいろいろと教えていただければ嬉しいです。
とうとうカダフィ大佐が死亡しましたね。本来なら殺害せずに、裁判にかけるべきだったのですが、それはともかく。。。。彼が殺害される前の映像を見たのですが、42年間の独裁政権という「黄金の時代」があったとは思えないほど、何ともあっけなく、そして醜い人生の終わり方でした。それを見て、1989年12月25日、ローマニアの独裁者・チャウシェスク大統領の処刑の姿を思い出しました。同年に起きたルーマニア革命でチャウシェスクは完全に失脚し政権は崩壊、夫妻はリビアへの亡命を計画していたのですが、逃亡先において、革命軍の手によって妻とともに公開処刑(銃殺刑)されたのです。

当時のザイールのモブツ大統領はそのチェウシェスク大統領と仲が良かったのですが、後者が処刑された映像を見て、次は我が身かと恐怖心に包まれました。モブツが率いる32年間の独裁政権は1997年ルワンダ政府軍や反政府勢力によって倒されたのですが、その直前に彼は国外に逃亡し、亡命先のモロッコでガンで亡くなりました。独裁者の終わり方は何とも見苦しく、なぜここまでして権力が欲しかったのだろうと疑問を持ってしまいます。他人(市民)の痛みがわかる政治家であれば、もっと美しい人生のエンデイングを迎えることができたのに!

それにしても、次倒れる独裁者は誰なのでしょうか。ルワンダのカガメ大統領、(つづいてコンゴのカガメ大統領)、あるいはカンボジアのフン・セン首相?彼らもモブツ元大統領と同様に、今焦っていることでしょう。日本ではあまり知られていませんが、カガメ大統領はカダフイ大佐より数多くの犠牲者(600万人)をだしており、その意味ではもっと冷酷なんですよー。市民の人権が保障されるためにも、これらの独裁者が一日でもいなくなることを願っています。
遅らばせながら、3人の女性のノーベル平和賞受賞について書きたいと思います。
平和構築に女性が参加する権利のために非暴力で闘ったことが受賞の理由ですが、本当におめでたいことです。私事ですが、リベリアは私がアフリカ大陸で最初に行った思い出深い国であり、UNHCRで勤務していた際にリベリア人の上司や同僚がいたので、リベリア人女性のパワーを以前から知っていました。そしてリベリア料理は最高においしい!(国を評価する際に、重要な要素です)ですから、今回のリベリア人2人の受賞は、私にとって他人事ではありませんでした。
 
しかし疑問が2つあります。
 
私自身、平和構築の分野で働いてきましたが、非暴力で平和のために貢献している女性の数は、男性より圧倒的に多いのです。女性が子供を産むこともあって生命の大切さを男性以上に知り、また男性ほど変なプライドや競争心もないため、暴力やけんかの発想もなく、周りと協力し合って仲良く生活することに努めます。ですから、もっと女性にスポットをあてても不思議ではないのですが、2004年のマータイさん以来、女性が一人もノーベル平和賞を受賞していないこと自体おかしいことです。
 
しかも、政治家や国連機関が受賞することも、いつも違和感を持っていました。彼らが平和のために働くのは当然であって(そのために我々の税金が使われている!)、しかも大統領という立場だと、例えその人が戦争犯罪人であっても罰などの免除があるなど特権がたくさんあります。それよりも、国家から守られるどころか繰り返し逮捕されるなど、リスクを抱えて活動している個人の活動家に授与する価値があります。
 
まさしく、職種、そしてジェンダーの観点から、これまでノーベル平和賞の受賞者の人選に問題があったと思います。今回だけでなく、ノーベル賞委員会は来年以降も、女性活動家による非暴力に注目してほしいものです。


今日外務省やオックスファムジャパンが主催した「武器貿易条約(ATT)に関する意見交換」に初めて参加しました。私は武器専門家ではありませんが、不法に流入された武器がたくさんあったコンゴ、ルワンダ、南スーダンなどでUNHCR職員として勤務していたこともあり、友人が紹介してくださったのです。このように、外務省が市民社会を招いて意見交換を開催することは本当にありがたいことです。
 
このATTは「通常兵器の輸出入及び移譲に関する国際的な共通基準を確立する国際約束の作成を通じて、通常兵器の国際的な移譲管理強化を目指すもの。これまでの議論では、国連憲章違反、国際人道法・人権法の重大な違反等が移譲基準の要素の一つとして挙げられている」(外務省HP)。つまり武器を規制するためのものです。意見交換はすでに数回関係者(研究者、防衛大学、NGO等)と行われており、今日も「リスクアセスメントをした上で、武器の使用目的に合わせて、輸出を決めること」、また「(武器の使用目的によって)同じ武器でも戦車のような大きなものはだめだが、小型武器ならいい、というガイドラインをつくる必要あり」等といった議論が。
 
よーく聞くと何となく変。武器を「合法化」しているように聞こえる?そもそも武器は必要なのか、何のために武器は存在するのか、人を殺す以外に何の目的があるのか。武器があることで、そもそもいいことがあるのか。そこから話す必要があるのではないでしょうか。
 
日本では武器がないため、一般の市民はあまり理解できないかもしれませんが、私は紛争地で、「武器の犠牲者」でもある大勢の難民や国内避難民に会い、武器を見るのが本当に嫌になりました。もちろん武器をなくすことで紛争や難民を完全になくすことはできませんが、ある程度犠牲者は減るでしょう。だから意見交換で、私は「皆様は、武器がいいという前提でこのような(上記の)議論をしているのでしょうか」と聞いてしまいした。
 
「もちろんいいとは思いません」とある参加者。「(米川)それなら、なぜ、どのように武器をなくせばいいのかではなく、どう規制するのかについて話すのでしょうか。武器をなくすことをATTの最終目的にする必要があるのでは」「(ある参加者)でも武器は人類が誕生してずっと続いている問題。我々だって長く生きているわけではないし、その間にできることをするしかない(規制するだけで精一杯)」
 
おーでました!この短期的な視野!新しい武器がどんどん開発されている中、我々はどのように武器を規制し続けるのでしょうか。我々の子孫のために、長期的な視野で取り組み必要があるのではないでしょうか。これは貧困削減の問題も同様で、国連のミレニアム開発目標(MDGs)も、「貧困を半減すること」ではなく、「貧困を完全になくす」ことを目指すべきです。我々はもっともっと大きな目標を持ち、野心的になる必要があります。

10月1日twitterでretweetしましたが、今ルワンダ関係者の間で回っているニュースがあります。1994年4月6日(つまりルワンダ虐殺が始まる前日)に、ルワンダとブルンジの両大統領が乗っていた飛行機撃墜事件の責任はルワンダのカガメ大統領にあるという内容です。カガメ大統領の当時の側近(Theogene Rudasingwa氏ーアメリカに亡命中)による記事です。この情報は決して新しいものではなく、1997年1月の時点で、ルワンダ国際法廷(ICTR)が既につかんでいた情報ですが、ICTRの検事によってその調査は阻止されました。少しずつですが、ルワンダ虐殺に関する真相が理解され、カガメ大統領への不信感が高まっています。

ぜひ下記を周りの人々に転送してください。
http://256news.com/2011/10/01/confession-of-downing-of-habyarimanas-plane/


 

1年前の今日(10月1日)、国連人権高等弁務官事務所はコンゴの人権侵害事件を調査した報告書(Mapping Report)を公表しました。報告書はコンゴ全国で1993年から2003年まで発生した617件の暴力事件を記録し、事件の責任を負っているコンゴ、ルワンダ、ウガンダ、ブルンジ、アンゴラの政府軍や武装勢力が関与した犯罪について詳述したものです。
 
2010年8月下旬、同報告書が報道機関にリークされてから注目されたのですが(もちろん日本の新聞には大きな記事にならず。。。情けない!)、それはルワンダ政府軍が1996-7年コンゴ東部における「虐殺」に関与していたと同報告書が非難したからです。それに対してルワンダ政府は怒りをあらわにし、報告書を公表するならばスーダン・ダルフール地方から国連平和維持活動軍(PKO)の自国の要員を撤退させると脅しました。その後、国連事務総長がルワンダに飛び、報告書が公表されても司法的な行為をとらないという「交換条件」をルワンダ政府と結んだと言われています。
 
それが本当かどうかわかりますが、一つ確かなことは、1年経った今でも何の進展がないことです。同報告書は混成司法機関の設立を提言したのですが、国連で議論されることは一回もありませんでした。人権団体も最初は国連報告書に大きな期待を抱き、「これは歴史的な報告書以上のものである」「過去において法の裁きが為されなかった事件に光を当てていること、そして現在のコンゴの状況に関連していることで、今回の報告書は重要である」(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)と述べたのですが、それ以降ほとんど取り上げていません。その間コンゴ東部の人々は、相変わらず人権侵害の犠牲になり続けています。
 
同報告書、そしてコンゴにおける人権侵害と司法の問題について、皆さんと深く議論をするために、10月14日の平和学会・秋季研究集会で発表する予定です。平和「学会」といっても、活動家も大勢参加するために、固い集会となりませんので、ぜひ気楽に参加してください。
 
10月30日14:40~17:10@広島修道大学 5号館・6号館
【住所】〒731-3195広島市安佐南区大塚東1-1-1
 
自由論題部会:「アフリカ大湖地域の移行期正義」
報告:クロス京子(神戸大学大学院生)
「移行期正義の新潮流――ローカル正義採用における和解の実践とその課題」
報告:佐々木和之(Protestant Institute of Arts and Social Sciences)
「ルワンダ大虐殺後の移行期正義――地域共同体裁判『ガチャチャ』は和解の促進に貢献したのか?」
報告:米川正子(宇都宮大学)
「コンゴにおける重大な人権侵害――アフリカ大湖地域における不処罰文化への対処と司法機関の設立」
討論:武内進一(JICA研究所)
司会:清水奈名子(宇都宮大学)
9月23-25日まで国際キャリア開発英語セミナー(宇都宮大学等主催)が栃木県で実施され、全国の学生(約70人)や社会人(約10人)が参加し、私は「開発と人権」という分科会を担当しました。
 
前回のセミナーでは「援助と人権保障」の分科会を担当し、援助国の立場からODAの歴史、目的、それがどれだけDead Aidという負の遺産を残したかなど話したのですが、今回は視点を開発の現場(援助を受けている国)に変えました。開発援助におけるキーワード(participation, inclusive development, empowerment, MDG, vulnerable group)について取り上げ、開発をもっと持続的なものにするため、人権の観点をどのように開発に導入すべきかについて話しました。
 
参加者は学部生から院生、社会人といろいろで、必ずしも開発や人権関連の専門家でないものの、参加者全員の共通点は英語の能力と共に問題意識が高かったことです。この「「開発と人権」といテーマは日本では(世界においてもそうだが)まだ普及されていないだけでなく、英語で学ぶ機会も日本ではないので、参加者にとって二重の意味で勉強になったそうです。ただ「人権侵害の問題や援助は内政干渉になるのか」という議論について、参加者が果たして理解できたのかはっきりせず、こちらもちゃんと説明すればよかったと反省しました。
 
このブログを書いている中、ワンガリ・マータイさんの訃報の知らせが入ってきました。以下は毎日新聞の記事から一部抜粋したものです。
 
『「開発」の名のもとの環境破壊と開発の恩恵から阻害される市民の姿を目の当たりにしたことをきっかけに、環境保護活動に踏み出し、77年に農村地帯の女性に植樹を通じて社会参加を呼び掛ける「グリーンベルト運動」を創設。8万人以上が参加し4000万本以上を植える活動に発展し、アフリカ各国にも拡大した。
運動は、環境保護活動と女性の地位向上、貧困撲滅、民主化促進などを結びつけて展開するものであるため、強権的なモイ前政権の弾圧対象となり、発電所建設を巡る森林伐採反対運動で逮捕・投獄された経験もある。モイ政権後の02年の選挙で国会議員に当選し、その後、副環境相に就任。環境保護と民主化への取り組みの功績が評価を受け、04年に環境分野で初で、アフリカ人女性としても初のノーベル平和賞受賞者となった。』
 
今まで私はマータイさんのことを「環境活動家」としてみていたものの、考えてみるとまさしく「開発と人権」に関わったのですね。まだまだ活躍して欲しかったのに、本当に本当に残念です!
 
今回国際キャリア合宿セミナーで出会った参加者や講師に励まされながら、そしてマータイさんの思いを続けるためにも、私も「開発と人権」の分野でもっともっと頑張らなきゃと勇気づけられました。
 
最近どこのニュースも、「世界を変えた日」等のフレーズを使いながら、9・11の10周年に関する特集を組んでいます。確かに国際関係や外交などの観点から、世界を変えたことは事実でしょうが、まるでアメリカが中心に世界が動き(まあ実際にそうなのだが)、アメリカ(人)だけが犠牲者であったような印象を与え、9・11への注目度をあまり歓迎できません。第2次世界大戦後、最大の犠牲者数を生んだのはコンゴ紛争で(540万人以上)、現在でも続いているにもかかわらず、その事態の重大さはほとんど報道されていませんし、他にも(意図的に)忘れられた戦争や虐殺はこの世界にいくつかあります。
 
最近縁があって、アジアの政情にも注目しているのですが、ビルマや北朝鮮といった、コンゴより国際社会の注目度が低い国があることを再確認しています。コンゴは人権侵害国で独裁政権が続いているとはいえ(32年間のモブツ政権より、現在のカビラ政権の方が悪質という話も)、PKOや人権団体を受けているだけでも、コンゴはまだましなのかも?(もちろん、現地住民への性的暴力が絶えないという問題、またPKOの存在で治安が本当に改善しているのかという疑問がありますが。。。)ビルマや北朝鮮では、そのような団体が活動すること自体、考えられないことです。
 
ということで、9・11を機会に、世界の他の犠牲者についても考え、どうすれば紛争やテロを非暴力でなくすことができるのかを真剣に考えてみましょう。
久しぶりにコンゴのニュースについて書きたいと思います。
 
最近のニュースを追っていると、国際刑事裁判所(ICC)に関するニュースが2つありました。一つは、トーマス・ルバンガ容疑者というコンゴ武装勢力(UPC)の元指導者が15歳未満の児童を徴兵し戦争行為に参加させた容疑に関する裁判について。その裁判の傍聴者の中に、アンジェリーナ・ジョリもいたそうです。

UNHCRの親善大使であるアンジェリーナは、世界の難民キャンプに行き難民の状況についてメデイアに話していますが、おそらくICCで傍聴するのは初めてではないでしょうか。どういう理由で傍聴されたのはわかりませんが、きっとコンゴ紛争や児童兵について勉強するためだと思います。彼女が難民問題に大変熱心であることは有名で、単に難民キャンプへの訪問だけでなく、UNHCR職員と同様に、難民の保護の勉強もしっかりしています。偉い!このようなニュースを日本でも報道してほしいですね。(それで思い出しましたが、昨年の今頃、ICCにモデルのナオミ・キャンベルさんが、リベリア元大統領のチャールズ・テイラーの裁判で登場した際、世界のメデイアが注目していましたよね。。。)
 
2つ目は、ワシントン・ポストの“Congo’s rule by the ruthless”(冷酷者が支配するコンゴ)という記事で、法の正義(justice)と責任ある政府の重要さを訴えています。コンゴ軍のンタガンダ将軍(元武装勢力の指導者)について書いていますが、彼は上記のルバンガ容疑者同様に、ICCに起訴されているにもかかわらず、コンゴ東部のゴマ市内のシャレ・ホテルで夕食をとり、カリブ・ホテルでテニスをするという優雅な生活を送っています。私は2007-8年にUNHCRでゴマに勤務していたので、どちらのもホテルもよく知っているのですが(キブ湖に面したきれいなホテル)、その頃も違った戦争犯罪人(ローラン・ンクンダ氏)が同じホテルに宿泊していました。
http://www.washingtontimes.com/news/2011/aug/25/prosecutors-urge-conviction-of-congo-war-lord-in-c/
 
このように、戦争犯罪人の居場所がわかっているのにかかわらず、現地にいる国連のPKOは何もしない(あるいは、できない?政治的意思があれば逮捕できるはずですが)、またコンゴにいる外交官はコンゴ政府に対して何の働きかけをしません。国連や各政府のVIPがコンゴを訪問する際に、ンタガンダ将軍について挙げることは稀です。何のための外交やICCなのか、時折怒りを感じます。だから悪循環が続き、戦争が一向に終わらず、我々の税金が人道支援やPKOに延々と使われるのですね。無駄な税金の使い方だと思いませんか?
 
ICCと言えば、南アにいるコンゴ人の友人が、コンゴ人の元副大統領で現在ICCの容疑者であるジャンピエール・ベンバ氏を、ヨハネスブルグ近郊のレストランで目撃したと言っていました。ICCの容疑者って、ハーグにいるのではないの?これが本当であれば、ICCの機能を疑ってしまいますね。日本でICCや法の正義に関してもっと議論し、ウォッチする必要があると思います。
&lt;&lt; 前のページ 次のページ &gt;&gt;
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]