忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は現在宇都宮大学生等を引率するルワンダへのフィールド・ワークを企画しており、2012年2月15-25日に行われる予定です。
私自身ルワンダ(難民)と関わり始めたのは1994年で、今でも研究や啓蒙を通じて長く付き合っており、
愛着を感じている国の一つです。
映画「ホテル・ルワンダ」でも有名になりましたように、ルワンダでは1994年に虐殺が起こり、
約80万人が亡くなりました。
映画はそこで終わるのですが、実はその続きがありまして、ルワンダ虐殺はその後隣国コンゴに飛び火し、コンゴでは現在まで約600万人が亡くなっています。
ルワンダは虐殺後、経済が急速に発展し「アフリカの優等生」と呼ばれていますが、
実際にルワンダもコンゴも未だに政治的に不安定です。

ルワンダで開発や平和構築の在り方など考えてみませんか。「百聞は一見に如かず」通り、実際に現地に行かないとわからないことがたくさんあります。
現地では虐殺博物館や難民キャンプへの訪問、虐殺の生存者や大学生との議論、 JICAのプロジェクトの見学などのプログラムが含まれています。
関心がある方は yonekawa@cc.utsunomiya-u.ac.jp までご連絡下さい。問題意識があれば、宇都宮大学以外の学生や一般人も歓迎です。皆さんの参加をお待ちしています(募集の締め切り日は12月8日)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]