忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



健康上の理由でErlinder弁護士が釈放されて、ホッとしています。彼は3週間のルワンダでの逮捕中、4回ほど入院しなければならないほど体が弱っていました。自殺未遂もしていたという話もあります(家族は「彼はそんなことをする人ではない」と否定していますが)。早く家族のもとに帰って休養してほしいものです。

日本の弁護士連合会をはじめとし(下記参照)、世界からErlinder弁護士の釈放を求める声明があり、それがルワンダ政府への圧力とつながったのでしょう。

Erlinder弁護士のルワンダの虐殺イデオロジーとの闘いはこれで終わったわけではありません。必要であれば、またルワンダに戻ってくると本人は言っています。ルワンダの真の平和のためにも、Erlinder弁護士に休養をとった後に、活躍を続けてもらいたいものです。

この事件で、ルワンダにはjusticeがないことが改めて証明されました。残念ながら、日本のメデイアは現在南アのW杯だけを注目し、アフリカの他国での重要な事件をほとんど伝えていません。ルワンダの「サクセスストーリー」だけを報道するのではなく、このような人権・司法問題も取り上げてもらいたいものです。

彼の釈放に関する記事は、時間がないので和訳をせず、そのまま載せますね。


Peter Erlinder Granted Unconditional Release, Will Return Home for Medical Treatment.
World News Journal
17 June 2010
By David Barouski

The Appeals Chamber of the Gasabo District High Court in Rwanda approved American Professor Peter Erlinder's appeal for bail on medical grounds today. Mr. Erlinder's brother, Scott Erlinder, said he suspects political pressure from around the world contributed to the ruling. Arrested on May 28th in Kigali, his official release is expected tomorrow as the paperwork goes through the official Rwandan judicial channels. He will now be able to return to the United States, reunite with his family and loved ones, and recieve much needed medical treatment. He was unable to appear in court for the ruling as a result of his current medical condition. Mr. Erlinder remains in the hospital in stable condition with high blood pressure problems. Following the decision, his lawyers went to King Fasial Hospital and delivered news of the ruling to him. That night (Kigali Time), Mr. Erlinder was released from the hospital. He will most likely arrive home in the United States on Tuesday (Central Standard Time) and is expected home in Minnesota on Wednesday. However, at a later date, Mr. Erlinder will be called upon to return to Rwanda to face trial as the charges have not been dropped.

Meanwhile, the fate of his client, Mrs. Victoire Ingabire Umuhoza, an opposition party leader who is charged with, "association with a terrorist group; propagating genocide ideology; negationism and ethnic divisionism," remains unknown and precarious. It is clear Mr. Erlinder will not be able to represent her in court anymore. The fate of another Rwandan political prisoner held at the same prison as Mr. Erlinder (1930), Deo Mushayidi, charged with six counts including links to the FDLR (designated as a terrorist group); Genocide negationism; spreading harmful propaganda to undermine state authority; and using forged documents, also remains unknown. Both individuals await the start of their respective trials.

All this occurs against the backdrop of numerous defections from the Rwandan military, by Rwandans in official positions, and Rwandan citizens, all fleeing into exile from alleged oppression. In response to the military defections, particularly the defection of former Rwandan Ambassador to India, Kayumba Nyamwasa (former Chief of Staff of the Rwandan Army, Commander of the 221st Brigade and Director of Military Intelligence), Rwandan President and Commander in Chief Paul Kagame has shuffled his cabinet and reassigned some military officers to new positions where they can be monitored more closely, and/or have fewer duties in the military as well as keep them busy with administrative and/or diplomatic work. Numerous officers were placed under house arrest for a time period, and a few still remain under house arrest. Numerous rank-and-file soldiers who have recently travelled to Uganda have been detained in "safe houses," where torture is allegedly occuring.

Additionally, since the beginning of the year, numerous international NGOs and individuals have accused the Rwandan government of grave oppression of Rwanda's independent press, political opposition parties and their respective members. The Rwandan government has defended its position on these issues in the press. Several grenade attacks by unknown assailants have occurred in Kigali as well. Rwandan officials have accused several parties of having responsibility, including Kayumba Nyamwasa, ex-Intelligence Chief Colonel Patrick Karegeya (in exile in S. Africa with Mr. Nyamwasa), Mr. Mushayidi, FDLR operatives, and allies of Laurent Nkunda. Since May, Rwandan police have arrested numerous political and military allies of Laurent Nkunda and imprisoned them. This major political and institutional instability occurs in advance of the August presidential elections which will be monitored by the Commonwealth. The European Union will fund the elections but will not send monitors.

会長声明集 Subject:2010-6-16
ルワンダ国際刑事法廷の弁護士に対する逮捕を懸念し、即時の釈放を求める会長声明

2010年5月28日、Peter Erlinder弁護士(米国)が、ルワンダの首都キガリにおいて、同国の警察によって逮捕された。この逮捕の容疑は、同国の「集団殺戮思想の処罰に関する法律」の下での集団殺害否認罪及び集団殺害矮小化罪であると伝えられている。この逮捕に対しては、すでに国際法曹団体や弁護士会が、逮捕を非難し、同弁護士の即時釈放を求める声明を発表している。

Erlinder弁護士は、米国のローカレッジの教授をつとめる傍ら、ルワンダ国際刑事法廷(ICTR)で活動し、ICTR独立弁護士協会の会長である。同弁護士は、ルワンダの大統領選においてPaul Kagame現大統領の対立候補である政治家(Ms. Victoire Ingabire Umuhoza)の事件を引き受けるためにキガリに滞在している際に逮捕されたと伝えられている。この政治家もまた、4月に同種の容疑で逮捕されていたという。

1990年に第8回国連犯罪防止刑事司法会議が採択した「法律家の役割に関する基本原則」は、「法律家は、裁判所、法廷その他の法的・行政上の機関において、書面や口頭の主張または専門的外観において善意でなされた関連する発言について、民事及び刑事上の免責を享受するものとされる」と述べて、法律家の職務を保障している。また、同基本原則は、法律家の職務行為が依頼人の思想と同一視されてはならないことや、適正な弁護活動に対して各種の制裁が加えられないように各国政府が保障すべきことを求めている。それゆえ、Erlinder弁護士に対する逮捕が、同弁護士のICTRやルワンダ国内での弁護士としての活動を理由とするものであれば、そのような逮捕は、上記の基本原則に明白に違反するのみならず、弁護士による人権擁護活動を不可能なものとするきわめて深刻な事態である。

弁護士がその職務遂行を理由に、公権力によって不利益を課されたり、あるいは何人によっても危害を加えられたりすることがあってはならないということは、法の支配を維持するための前提条件である。

日本弁護士連合会は、以上の理由で、ルワンダ政府当局によるErlinder弁護士に対する逮捕を深く懸念するとともに、同国政府に対する即時の釈放を求める。あわせて、米国をはじめとする関係国政府、ICTRを主催する国連が、同弁護士の釈放のための行動を取られるように求める。

 

2010年(平成22年)6月16日

日本弁護士連合会
会長 宇都宮 健児

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]