忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅れましたが、映画の「ホテル・ルワンダ」の主人公のポール・ルセサバギナ氏が14日に下記の声明をだし、和訳しましたので、読んでください。(和訳はアマチュアの方に頼んだのですが、少なくともコンテクストはわかると思います!)


ポール・ルセサバギナ氏「ルワンダのカガメ大統領は、人権と自由を抑圧」
 
ホテルルワンダ・ルセサバギナ財団
2010年6月14日
声明発表
 
ルワンダのポール・カガメ大統領は、ルワンダサッカー協会会長のジョン・ボスコ・カズマ准将がW杯に向かっている途中で逮捕したり、ウムブギジ民間ウェブサイトニュースを止めることにより、人権や自由を抑圧した。またカガメ大統領は、野党の大統領候補を弁護しに来たアメリカ人の弁護士ピーター・アーリンダー氏も5月に逮捕している。
 
これらの事件で明らかなのは、カガメ大統領は統治政策の透明性は実行されていないことだ。国際法を無視し人権を抑圧するカガメ大統領の行為は、自由でかつ公平な選挙の実現への悪い前兆である。大統領選挙は8月にルワンダで実施される。
 
ホテルルワンダ・ルセサバキナ財団の創設者であり会長のポール・レセサバギナ氏は、次のように述べた。「カガメ大統領の行為は、言葉よりも大きな影響を与えた。彼はアーリンダー教授の権利を妨げ、人権やメディアの制圧を増している。彼は8月には民主主義の選挙を望んでいることを話しているが、彼の一つ一つの行為は全く逆の方へと進んでいる。残念ながら、苦しむのはルワンダ国民。ルワンダでの暴力行為がエスカレートしないよう、国際社会に介入を求める。」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]