忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルワンダ政府軍幹部のフォステイン・カユンバ・ニャムワサ氏(Lt. General Faustin Kayumba Nyamwasa)が19日、亡命先の南アフリカで何者かによって撃たれ、病院に運び込まれました。この事件について、彼の妻は「カガメ大統領によるものだ」と言っているとのことです。

Lieutenant General Faustin Kayumba Nyamwasa

ちなみに、このニャムワサ氏とカガメ大統領は大変親密な関係にいたのですが、RPF政権内に分裂があり、彼は造反したのです。詳しくは下記まで。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/world/africa/10358923.stm


今年8月にルワンダでは大統領選挙があるのですが、今年からルワンダの政情はガタ落ちです。2月以降首都キガリで定期的に起きている手榴弾事件。2月のニャムワサシ氏の南アへの亡命。ルワンダ虐殺のイデオロジー法で野党FDU代表のビクトワール・インガビレ氏(Victoire Ingabire)の逮捕と自宅軟禁。そのインガビレ氏を弁護するために、ルワンダに来たピーター・アリンダ-(Peter Erlinder)米弁護士の逮捕。

それ以外に、人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)のルワンダ代表のビザが延長されず国外追放されたり、ルワンダ政権に批判的なウェブ上の新聞・ウムヴギジ(Umuvugizi)の報道が中止させられました。

ということで、W杯でお祭り騒ぎをするのもいいのですが、このような政治的な事件も見逃してはなりません。世界が1つの出来事に浮かれている時や注目しているタイミングをねらって、他方で大事件を起こすものです。そうするとメデイアはあまり報道しなく、最悪の場合、意味がある事件であっても、それが忘れられることもあります。そう考えると、怖いですね。時事問題には常に敏感でありたいし、このようにブログを使ってどんどん情報を発信する重要さを感じます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]