忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  アフリカでのインターンやスタディ-ツアー先に、ケニア、タンザ二アやルワンダを選択する学生が多いようですが、忘れられているウガンダはお勧めだと思います!インターンのテーマも、人道支援(コンゴなど周辺国からの難民がいる)、紛争解決・平和構築、天然資源と環境(コンゴの国境沿いに位置するアルバート湖は国立公園内にあるのだが、そこで発掘されている油田を巡って地元で対立を生んでいる)、HIV/エイズ(ウガンダはアフリカで啓蒙がかなりされていると言われている)などなど。
紛争解決・平和構築の面に関して言えば、長年戦闘地であったウガンダ北部は安定していますが、単にウガンダ反政府勢力(LRA―神の抵抗軍)の拠点がそこからコンゴ北東部、スーダン南部、中央アフリカ共和国に移され、そこで一般市民への残虐行為を続けています。だからウガンダの国内紛争の構造はまだ残っており、LRAのリーダーであるコ二―氏もICCによって起訴されたまま、まだ逮捕されていいません。オバマ大統領は11月下旬に、そのLRAを武装するために支援をするという声明を出しました。

また、日本ではあまり知られていませんが、もう一つのウガンダ反政府勢力である
ADF/NALUもコンゴ東部にいます。

ウガンダは地理的にアフリカの
2つの不安定な大国、スーダンとコンゴの間に挟まれており、その2カ国との関係や動きをフォローするのも興味深いでしょう。来年1月に行われるスーダン南部での住民投票によって南部が独立する予定ですが、それによって他のアフリカ諸国でも独立運動が起きると言われています。コンゴでも来年大統領選挙が行われ、既に候補者同士、熱い闘いが始まっています。
またウガンダは、東アフリカや大湖地域で(合法的に、また不法に)使用されている武器が集中しているところでもあります。コンゴにある国連PKOのロジの基地が首都カンパラ郊外にあるのでPKO軍の武器も流入し、ウガンダ自身、ソマリアにもアフリカ連合(AU)軍を派遣しています。南スーダンやコンゴ紛争で使われた武器も、ウガンダ経由で流入しています。

学生の皆さん、一度ウガンダ行きを検討してみてはいかがでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]