忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

l 先週まで出張で行ってきた報告の続きをします。今日はルワンダについて。

ルワンダの政情
:今年4月に「アフリカン・ドリーム」(ルワンダのサクセスストーリ)に関する番組がNHKで放映されましたが(ちなみに、ルワンダのダブルの側面を知っている者は、この番組を評価していない)、それとは裏腹に国際社会におけるルワンダのイメージは一気に低下しました。カガメ大統領の側近で諜報に関わっていたカユンバ氏の離反(今年2月)、亡命先の南アでカユンバ氏の暗殺未遂事件(6月:この事件を巡って南アとルワンダ間の国交関係はぎくしゃくしており、在ルワンダの南ア大使が南アに呼び出されてからルワンダに数カ月戻っていない)、90年代のコンゴにてルワンダ政府軍による虐殺に値する行為が公表された国連の報告書[10月]など。
カガメ大統領より高学歴を持ちカリスマ性があるカユンバ氏は、一般市民の間で人気があるようです。一般市民は一見普通に生活をしているように見えますが、表現の自由がないまま現政権に対してかなりの不満を持っています。公けな場で現政権を批判した、唯一の野党党首のインガリベ氏は1014日以降、もう一人の野党党首と共に逮捕されています。インガリベ氏の逮捕は、ルワンダ政府によると、「テロリストグループを結成しているため」だからなのですが、単なるでっちあげだと現地の人々は言っています。
せっかく日本大使館が今年初めにルワンダに設立されたのですから、単に援助や文化活動をするだけでなく、ルワンダ政府に対して上記の釈放を強く求めるなど人権外交もしていただきたいものです!
 
敵・同盟関係の複雑さ:紛争関係者同士の敵・同盟関係は、外部者が予想している以上に大変ルーズのようです。例えば上記のカユンバ氏は、現政権と完全に対立関係にあるような印象を与えていますが(今年9月にルワンダ現政権、特にカガメ大統領を独裁者として非難したレポートを公表したり、Voice of Americaなどのインタビューで現政権を批判した)、カベレへ防衛大臣(ルワンダ・コンゴでは重要人物)と仲が良く、よく連絡を取っているようです。
またカユンバ氏がルワンダの他のルワンダの亡命者(
FDLRや映画「ホテルルワンダ」の主人公のルセサギマナ氏も含めて)やコンゴ反政府勢力と同盟関係を結んで、ルワンダ現政権を倒そうという動きがあるようでいろんなニュースもそのように伝えています。その一方で、それぞれの組織には個々のアジェンダがあり、またルワンダ政府軍を負かすほどの軍力もないために(おそらくアフリカでは一番規律が正しいのではないかと思う)、ルワンダ政府へのクーデターを起こすことはないという見方があります。
ということで、これからどのように転ぶかわかりません。今後もフォローを続けます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]