忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この数週間、コンゴの選挙関係の小論文で忙しくしていたので、ブログをごぶさたしていました。先ほどやっと提出し、ほっとしています。
 
ところで、今ルワンダ関連で話題になっているニュースは、17日にルワンダ軍の高官4人が自宅軟禁されたことです。ルワンダ政府がコンゴの天然資源を搾取しており、それらを「ルワンダ産」と偽っているという内容の国連報告書が昨年12月に公表されたのですが、その搾取に上記の4人が関与しているのではないかと言われています。
国連報告書は下記からダウンロードできます。
 
http://crimeblog.dallasnews.com/UN%20Report_Long%20Version.pdf
 
ちなみにルワンダ政府による天然資源の搾取は、新しい情報ではなく、2001年から公表されている国連報告書にほぼ毎年のように書かれています。既に10年も!その間特に大きな動きはなく、国際社会はほとんど黙認状態です。コンゴ東部では天然資源の労働者は過酷な環境で働き(当然亡くなる人も多い)、天然資源地に住む市民は強制的に移動させられ、女性は性的暴力の被害になり(コンゴはrape capital in the worldと呼ばれている!)、。。。考えるだけで落ち込むやら、怒りがムラムラするやら。。。そのために私は闘っていますが、無力を感じます。でもあきらめてはいけない!
 
ところで、上記や過去の国連報告書は内容が濃く大変読み応えがあるので、関心がある人はぜひ読んでください。上記のものは392ページあり、そのうち天然資源の搾取に関する写真、手紙や地図など付録が180も!天然資源の搾取や紛争の研究をしている学生に最適です。国連を美化している日本の政治家も、日本人の国連職員を増員することばかり考えずに、こういう報告書を読み、コンゴやルワンダへの政策(援助を含む)を分析・再検討していただきたいものです!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありがとうございます
資料を紹介していただきどうもありがとうございます!読んでみます!!
mabo1116 2012/02/03(Fri)06:57:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]