忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「民主化」の動き(と願いたい)に向かっているビルマのアン・サン・スーチーさんに、世界の政治家が面会している報道が毎日のように流れています。

実はルワンダにも、「アン・サン・スーチーさんのルワンダ版」がいます。同じく野党党首のビクトワール・インガリベさんなのですが、「スーチーさんルワンダ版」という呼び方はすでにwikipediaにも出ています。

2010年の大統領選挙に出馬するため、インガリべさんは2年前の今日1月16日、16年ぶりにルワンダに帰国し、虐殺記念館でタブーとされている発言をしたのです。

「虐殺では、ツチだけでなくフツの被害者もいる(そもそも1994年は「ツチに対する虐殺」とされ、本記念館では、ツチの被害者しか言及していない)。ツチとフツ間の和解が必要だ」

それから彼女はルワンダ政府に睨まれてしまい、選挙に出馬できず、2010年10月から現在にいたって刑務所にいるのです。 (念のために、私は特にインガリべさんのサポーターではなく、情報を共有しているだけ)

今日16日はアメリカにおいて、Martin Luther Kingの祝日でもあります。(ついでに言うと、11年前コンゴでは、カビラ前大統領(現大統領の父親)が暗殺された日でもある)カビラ前大統領はともかく、今日はインガリべさんやキング牧師など、自由解放と非暴力と闘ってきた人々を考えさせられる貴重な日です。私も彼らに見習ってもっとパワフルにならないとね!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]