忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月30日コンゴ中が独立50周年記念で浮かれている日に、コンゴ東部の北キブ州のベニにて、ある人権活動家のMuhindo Salvatorが殺害されました。彼はBon Samaritainという人権NGOで働いていました。

このニュースはたまたま在外コンゴ人から送られたのですが、なぜかこのニュースをどの通信社も取り上げていません。6月2日に死体が発見された人権活動家のFloribet Chebeyaのニュースの取り上げ方とは大違いです。(もちろんChebeya氏は27年間も働いたという実績もあるのですが)

おそらくこのように外部者が知らないところで、ひっそり殺害されているジャーナリスト、人権活動家、政治家がコンゴ周辺にたくさんいるのでしょう。あるいは毒を飲まされ、「心臓発作で亡くなった」として報道されるケースも。(実は毒を使用したケースがかなりあり、私もコンゴにいた時にその話をよく聞いた)

あまり知られていませんが、モブツ政権の時と違って、カビラ現政権ではジャーナリストや人権活動家は急速に殺されています。しかもいつものことですが、何の調査もされません。コンゴの人権状況に関する論文かエッセーを書きたいなと思っているのですが、まとまったデータがなかなか手に入らなく困っています。だれかどこかで持っていませんか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]