忍者ブログ
コンゴとアフリカの過去を振りかえ、それらの現状と今後を考えた上で、次の行動へのきっかけになることを願っています。
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日2010年6月30日はコンゴが独立してからちょうど50年が経った記念すべき日です。コンゴ政府はベルギー国王や国連事務総長などを招待し祝福するのですが、現地の司教らは「独立して進展どころか、後退している。祝福するどころではない」と話しています。

6月2日にコンゴ人の有名な人権活動家のフロリベ-・チェベヤ氏の死体が発見され、国内だけでなく世界からコンゴ政府への非難の声が高まりました(日本では残念ながら報道されていないのですが)。ベルギーの人権団体は「そんな時期に、なぜ国王はコンゴ訪問を?」と批判しているそうです。また、ルムンバ初代首相の息子らは今月になって、ルムンバ氏を暗殺したベルギー人12人を戦争犯罪人として告訴すると主張しています。ですから、ベルギー国王の訪問は大変おとなしく、特に公けに演説もしない予定です。

ところで、昨夜のDemocracy Now!で, "As Congo marks 50th anniversayr of independece, human rights abuse rise in Congo and neighboring Rwanda" という興味深いインタビューがありました。この2カ国をくっつけたのはさすがDemocracy Now!。この両国は切っても切れない関係にあり(というか親分、子分の関係。もちろんルワンダが親分です)、国単位で地域単位で政情などを見なくてはなりません。

その番組に、ルワンダで3週間逮捕されていた米弁護士のピーター・アーリンダー氏と、2006年のコンゴ大統領選挙に立候補したアラフエレ・カララ氏が出演していて、アーリンダー氏が「あなたは刑務所にいた時に、自殺未遂したそうですが」と聞かれて、「自分のことより、コンゴで1000万人が亡くなっているなど大事なことを話そう。アメリカはそのアフリカ大湖地域の軍事独裁を支援している。」と答えたのです。

なんて魅力的な人でしょう!アーリンダー氏は刑務所にいる間体調が悪くなり、入院を続けていたのにもかかわらず、常に他の犠牲者のことを考えているなんて!彼はまさしく私のヒーローです!アーリンダー氏のように勇気があり、弱者や犠牲者のために闘う人が増えれば、この世の中は少しは平和になるのですが、それって夢の夢のことでしょうか。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 バーバリー 激安]
[10/08 バーバリー]
[06/12 Nomura]
[05/13 backlink service]
[02/14 Duedymmettamn]
最新記事
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/23)
(06/16)
(06/10)
(06/03)
(05/22)
(05/22)
(05/18)
(05/11)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/07)
(04/06)
(04/04)
(03/27)
(03/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
米川正子
性別:
女性
職業:
大学教員
趣味:
旅行、ジョギング、テコンドー、映画鑑賞、読書
自己紹介:
コンゴ民主共和国(コンゴ)やルワンダといったアフリカ大湖地域を中心に、アフリカでの人道支援や紛争・平和構築を専門としています。
過去にリベリア、南ア、ソマリア、タンザニア、ルワンダ、コンゴなどで国連ボランテイアや国連難民高等弁務官事務所職員(UNHCR)として活動。南アの大学院でコンゴ紛争について研究し、2007年―2008年には、コンゴ東部でUNHCRの所長として勤務したこともあり、その経験を活かして現在アドバカシ―に力を入れています。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]